血液をさらさらにして脳梗塞の原因を根本的になくす

花と女性

脳卒中を予防する方法

看護師

平和な日常を突然脅かす、恐ろしい脳の病気が脳梗塞です。前触れがなくいきなり発症してしまうため、防ぐためには生活習慣を規則正しいものにしましょう。まずは脳血栓と呼ばれる状態にならないため、血圧が上昇しすぎないよう食事改善から行いましょう。

More Detail

血栓が詰まったら

医者

血流をスムーズに

脳の中の動脈に血液の塊である血栓が詰まってしまうことで、脳梗塞が起こってきます。脳のどの動脈に詰まってしまっているかで、その症状は大きく違ってきます。脳の大きな動脈に詰まってしまうことが原因で大きなまひが残り、死亡してしまうこともあります。この脳梗塞の原因になっている血栓は、動脈硬化や心臓の不整脈など血液が正常に流れていかないことで発生してきます。血液が絶えずスムーズに流れていれば血栓ができることはありませんが、血流が動脈硬化や、不整脈などで滞るような流れ方をすると血栓ができやすくなってきてしまいます。体に流れている血液の血流をスムーズに、さらさらと流れるようにしてやれば、血栓ができずに脳梗塞の防止にもつながってきます。

日常生活も気を付けて

動脈硬化の原因は、加齢にもよりますが血圧が不安定になっていることでも動脈硬化が促進されてきます。日ごろから血圧の管理を徹底して、血圧の状態をよく知ることが重要になってきます。降圧剤で血圧の管理を行っている人は、薬を飲むことを忘れないようにすることが脳梗塞を発症させないためには大切です。心臓に不整脈がある人は早急に薬の投与などで、不整脈を直すことに心がけ、早く血栓ができる原因を取り除いてください。動脈硬化は日ごろの食生活でも引き起こされてきます。過度の肥満や過剰なアルコールの摂取、塩分の取りすぎなど日ごろの食生活に気を付けることも大切になってきます。最近はいろいろなサプリが販売されていますが、その中に血液の流れをサラサラにするサプリも販売されています。それらで血流の改善を試みるのもよいことです。

動脈硬化に注意

困る男性

生活習慣の乱れや食生活の乱れは動脈硬化を発症してしまう、最大のリスクになっています。血管が細くなっていくことで、脳梗塞の原因である血栓ができやすくなってしまいます。高血圧も動脈硬化を促進してしまいますから、普段の管理も重要です。

More Detail

強烈な頭痛に注意

病院

脳梗塞の特徴は激しい頭痛です。これまで自分が経験したことがない頭痛が起こったら、一刻も早く病院に行くことが大切です。他には見え方がおかしくなったり、言葉が喋れなくなったりします。そのようなときにもすぐに病院に行くことが大切です。

More Detail